事業計画書を作成する目的とは

事業計画書を作成する目的とは

事業を始めるといった場合に欠かせないのが「事業計画書」です。
ただ漠然とこんな事業がやりたいな、という思いだけではいざ事業を始めた後も継続的に成長していくことは難しいというのが現実です。
事業計画書には、あとから見返すとビジョンや市場の把握などに役立つ情報が非常に多く詰め込まれています。では、この事業計画書を作成する重要なポイントはどこにあるのでしょうか。それは今からあげる3つのポイントが重要となります。

①明確なビジョンを持つ
②事業の目的を明確にする
③ビジョンに基づき実行する

この3つのポイントがしっかりとおさえられていれば、順調なスタートをきることができます。ではそれぞれについてもう少し詳しく見ていきましょう。

①明確なビジョンを持つとは
これは一種の「アイデアの洗い出し」と言い換えることができます。どのようなことがやりたいのかを箇条書きでも構わないのでどんどん出していきます。この段階でまだやりたいことを整理する必要はありません。アイデアの数だけその後の事業展開のための選択肢が増えているというふうに捉えておけば良いのです。

②事業の目的を明確にするとは
多くのアイデアが出たところで、果たして自分が一番やりたいことは何なのか、という大黒柱となるものを見つけます。やりたいことは多くあっても、一度に着手できることには限りがあります。最も自分がやりたいことに重点を置き、そこから関連性のあるものを枝葉のように広げていくことが重要です。この時どうしても関連付けができないことが出てきたら、次の機会に取り組むためのネタとして置いておきます。無理に実践する必要はありません。また同時進行してしまうと、先にやりたいこともうまくいかないといった結果を招く恐れがあります。ですからここでは最も事業の目的に則したものを見つけます。

③ビジョンに基づき実行するとは
目的がはっきりとしたところで、あとはいかに実践するか、自分がどのように動くのかということです。行動するためには、自分にとって強い味方となってくれる人は誰なのかを見つけておく必要があります。例えば、資金調達が必要になるのであれば金融機関にアプローチすることが必要です。またその他業界の情報収集も必要になります。この場合は、ネット環境の整備を行えば当面は問題なく経営できるでしょう。どういったコンテンツを利用するかを選択し利用することが重要です。

どのような事業を行う場合でも、事業計画さえしっかりと練っておけば必ず無駄な動きをせず効率よく行うことができます。

創業融資専門家コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 創業資金のお悩み無料相談受付中! 0120-546-729 受付時間 9:00~18:00(問い合わせフォーム24時間受付) 無料相談の詳細はコチラ
ページ上部へ戻る