融資を受けるために同業他社を調査しよう

融資を受けるために同業他社を調査しよう

そもそも事業を継続させ発展させていくためには、他社との違いを明確にし「なぜこの会社でなければいけないのか」という価値を多くの人たちに知ってもらうことで初めて存在意義が生まれます。いわゆる「オンリーワン」でなければ、生き残ることができないのです。

 

では「オンリーワン」になるためには、競合他社を知る必要があります。「偵察」や「スパイ」という意味ではなく、自分が始めようという事業は同業他社と比較して何が違うのかということを把握するためということです。

他社との差別化ができて初めて自社の価値が上がります。では、この他社との差別化がなぜ融資を受けるために必要なのでしょうか。

 

融資を受けるにはそれなりに特徴を持った事業計画が必要です。一般的に同業他社がどこでも行っている事業内容であれば、なぜ同じ事業を行うために融資をしなければいけないのかということに繋がっていきます。

何か他社と違うことができるからこそ、その部分をアピールし融資を受けられるようにしなければならないのです。

また、同業他社と同じであれば、実績のない新規設立の法人よりも実績のある同業他社に融資を行うというのが自然な流れだといえるのです。

実績のない新規事業へ融資を行うには、それなりに興味を引くような何用でなければなかなか難しいということができるのです。

 

日本政府の政策から雇用創生があるため基本的には新規事業で融資を申し込むことには、融資する側も大歓迎です。特に新創業融資制度を実施している日本政策金融公庫は政府系金融機関ですから、余計に自分たちの融資実績を作っておきたいという見方もできます。

ですから同業他社とは違う差別化が出来る事業内容であれば、本来融資は受けやすいのです。

 

同業他社との比較は、決してその企業に勝たなければいけないという意味での比較ではありません自分の事業でしかできない部分を探し出すために比較する必要があるのです。

将来的にはその「オンリーワン」の部分に付加価値をつけてサービスを展開することができるようになります。そうなれば市場へ提供する価格も自分たちのの有利な方へ展開していくことができるようになるのです。

融資を受けるために同業他社を比較することは、融資を受けるためだけではなく将来事業を大きく発展させるためにも必要な調査だということができます。

時間がさけるのは創業時だけなので、その間にしっかりとリサーチすることをおすすめします。

創業融資専門家コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 創業資金のお悩み無料相談受付中! 0120-546-729 受付時間 9:00~18:00(問い合わせフォーム24時間受付) 無料相談の詳細はコチラ
ページ上部へ戻る